<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

次回の社保審医療保険部会柔整等専門委員会について思うこと

社会保障審議会医療保険部会の柔道整復療養費検討専門委員会とあん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会は近々第2回目が開催されるだろう。事務局から療養費の料金改定の素案が提案される。改定率は保険者側が引き下げを要望し、施術者側が引き上げを望んでいることと、第1回目の議論でもプラスマイナスゼロの意見も出たこと、医科本体の改定がプラス0.004%であったので従来の二分の一ルールによればプラス0.002%のプラス改定を業界は主張すべきだが、結局は±0%となりそう。
そうすると、適正化対策はすべてマイナス要因であるから、そのマイナスに見合うだけの分がプラス要因として施術料単価の引き上げということで提示される。
そこで重要なことは、適正化対策分としての抑制効果で期待されるマイナス影響率と初検料・施療料・後療料の引き上げに伴う影響率が同率だからプラスマイナスゼロということになるわけだが、それぞれの影響率の数値を業界側でもあらかじめ算出しておかなければ、事務局の提案が本当に妥当であるかどうかが分からない。
また、多頻回の抑制策として例えば「5ヶ月目以降は月10回まで」と回数制限が導入されたなら、次の料金改定では5ヶ月目を4ヶ月目からとか3ヶ月目からとか前倒しにすることで、将来的にはさらなる抑制策を許すことになってしまう。
3部位目の逓減を強化して、長期施術に係る逓減開始を前倒しして、新たに長期月に着目して月内回数制限を開始すれば、弱小の整骨院の経営は立ち行かなくなるので廃業に追い込まれることが明らかです。
一方、多数の施術者により、ベッドを並べてクイックマッサージよろしく患者を回転させているような施術形態を採っている施術所においては、そもそも5ヶ月など長期にならないし月10回にもならないので影響を受けないどころか、初検料・施療料・後療料の引上げは嬉しいところ。
そうすると、厚労省事務局が考えている内容では、施術に真面目に取り組み患者に時間をかけて永らくお世話をしている経営規模が小さい接骨院は大打撃を受け、チェーン展開で手広く大量に手がけているところは益々利益が増すことになると思われる。まさに二極化に拍車がかかるだろう。やはり料金体系を抜本的に変更して、患者数に着目したうえで、例えば20分を一単位として単位数による算定方法にすることが妥当ではないでしょうか。
by ueda-takayuki | 2012-10-31 13:02

再同意の取り扱いについて協会けんぽ三重分を審査請求する

全国健康保険協会三重支部から、はり・きゅう療養費支給申請が不支給とされた。不支給理由は「同意期間が切れる前に次の再同意を得ている場合は同意書の添付を省略できますが、同意期間外に再同意を得られた場合は同意書の添付が必要となります。同意書が添付されていないので不支給とします。」というもの。
しかし、国(厚生労働省保険局医療課長通知)が通知したはり・きゅうの施術に係る療養費の取扱いに関する留意事項の第3章及び第5章によれば、同意期間外に再同意を得られた場合には同意書を取り直して申請書に添付することは定められておらず、同意書の省略は引き続き可能であると思われる。にもかかわらず、同意期間外の再同意については改めて同意書を新たに取り直し、その同意書の添付がないので不支給とされていることは不当・失当であることから、組合員及び被保険者の協力を得て審査請求を行うこととした(管轄庁:東海北陸厚生局社会保険審査官あて)。
by ueda-takayuki | 2012-10-24 10:45

社会保障審議会医療保険部会第一回柔道整復療養費検討専門委員会を傍聴した

平成24年10月19日(金)千代田区平河町にある全国都市会館大ホールにおいて、社会保障審議会医療保険部会第一回柔道整復療養費検討専門委員会が開催されたので傍聴した。内容は特段の議論も無く、事務局である厚生労働省保険局医療課のシナリオどおりの結果に終始したようだ。専門委員の顔見せということで、次回事務局より料金改定の素案が提示されるが、スケジュールを決めなかったことから、11月1日付の改定とはならないだろう。
柔道整復師の5名の委員は重複せずに業界の意見を述べたと感じた。個々の発言のポイントは、
①厚労省の考えで改善しようとしても格差は縮まらない。制度に不備が出てきているのであるから、不備と不正を一緒にせず整理したうえで議論しなければならない(T氏)
②早く治癒に導こうとすると毎日患者と向き合い確認しながら治療にあたる。通院日数が増えるのは自然のこと。柔整は医療費にも貢献しているが収入減少で生活も厳しいのでプラス改定を。(H氏)
③我々の資料では6ヶ月以上のものはすべての件で10%以下だ。頻回についても25%以下だ。全体の医療費を下げるためにも柔整を活用すればよい。制度の見直しが必要。厚労省のデータは長期・頻回・多部位だとする根拠にはならない。(K氏)
④伸び率の観点から削減されてきたが、今度は財政が厳しく健保組合が赤字だからと言う。引き下げる根拠を明らかにして欲しい。2年間改定率ゼロの現状のままで、アンケート調査の必要あり。(K氏)
⑤改定は引き下げるのではなく審査基準や審査会の権限を全国統一することで対応する。(M氏)
※K委員から話のあった全国柔道整復師連合会から提出された資料は、厚労省が傍聴者に配布した資料には無かったのはどういうことか?
引き続きあん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会が開催された。柔整が200名近い関係者がいたが、こちらは大幅に少なかった。こちらも柔整同様のシナリオであり、結論も全く同じ。次回に改定の素案が事務局から提示されるがスケジュールは未定。11月1日の改定はないだろう。
by ueda-takayuki | 2012-10-24 10:42

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る