<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

民主党の議員に勉強会

昨日22日、15時から参議院議員会館第6会議室で民主党の参議院議員7名の先生方に鍼灸マッサージについて、現状取り扱いと問題点などをご説明に行ってきました。
NPO法人全国鍼灸マッサージ協会の斉藤・中山両先生と一緒に、1時間にわたって参議院議員の先生方に解説しました。ご理解いただけたかどうか。今後も機会があるごとに説明していきます。
by ueda-takayuki | 2008-07-23 11:02

各党各議員への要望陳情活動

一昨日の15日は自民党の、厚労省に力がある木村義雄代議士にお会いして、柔道整復の適正化対策についてお話させていただき、5要望書を説明させていただいた。30分足らずのお時間しかいただけませんでしたので、私も十分なご説明をすることができず、残念でした。また機会がありましたなら柔道整復の療養費という保険制度を適正に維持していくための知恵だしや適正化対策等、お力をお貸しいただければありがたいです。
明日は、地元大阪府の公明党本部にて政策要望懇談会が催されるので、10月からの柔道整復療養費の新契約の取り扱い等について話し合うことになっています。
また、来週22日には民主党の「統合医療を普及・促進する議員の会勉強会」に参加して、民主党議員に対し、鍼灸治療を大いにアピールしてきます。
こんなに活動しても、なかなか効果が表れず、結果を出せない上田ですから、評価もいまいちです。
自分としては、めい一杯努力しているのですが、成果が挙げられません。
挫けずにやっていきます。
by ueda-takayuki | 2008-07-17 15:55

公明党政策要望懇談会での要望

東京⇒名古屋としばらく出張していました。前回のブログの書き込みがたくさんありました。応援も非難もありますが、読んで頂けることはありがたいです。
今月18日に公明党大阪府本部から「公明党政策要望懇談会」に呼ばれておりますので、今回は柔道整復について次の3点を要望してきます。
柔道整復施術療養費受領委任払いに関する要望書
1 本年10月に設立される全国健康保険協会が保険者となる“協会けんぽ”においても、患者保護の見地から、現行どおり柔道整復施術療養費の受領委任払いの取扱いを継続するよう関係者へ調整願いたい。
2 現在作業中の柔道整復施術療養費の受領委任払いの取扱いにかかる新たな契約の進捗状況及び契約締結の当事者について、改正箇所や現行制度との変更点を中心にご確認いただきたい。
3 上記2の新たな協定・契約の規定について、療養費支給の適正化の観点から、不正請求の防止策などを盛り込む必要がある。 
そのためにも、当局の担当部局(厚生労働省保険局医療課及び社会保険庁医療保険課)と当組合役職員との定期的打合会を開催していただきたい。
ってところです。
細かいところを要望しても素人さんが取り組むのはちょっと困難と思いますので、「厚生労働省と社会保険庁の担当との話し合いの場を持って欲しい」とのお願いですね。
柔道整復療養費の本年10月からの新協定・新契約にキチンと不正防止策を打ち出して、不正・不当請求を行う者を排除するシステムを策定しなければなりません。
料金まるめは多部位請求の非難を受けず、且つ地域的な請求ばらつきもなくなることから、柔道整復師の中には希望者もたくさんいらっしゃることと思いますが、まるめという「包括化」「定額化」には、合わせ技で「逓減」が導入されるのが一般的です。月内の回数で逓減措置が入るのであれば、やはり出来高払いがよろしいと考えます。
不正を働くオーナーへの責任追及をはじめ、柔道整復療養費から不正を一掃できる千載一遇のチャンスが、今回の新協定新契約の見直しです。
ここで具体的な取り組みができなければ、不適当な請求が蔓延します。そうすると、結果として全柔道整復師にとって残念な結果になることは避けなければなりませんでしょう。
by ueda-takayuki | 2008-07-10 11:19

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る