<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

だんだん腹が立ってきた

朝日放送のムーブ!の疑問の放送であるが、何度も繰り返し見てみるとまるで柔道整復への患者を整形外科に誘導するための報道のように思われだんだん腹が立ってきた。この件については上田は戦わなければならないと決意した。
柔道整復の受領委任払規程上に「白紙委任」という法令的な用語を持ち出して訳の分からんことを言っているが、本来は毎日毎日の分を保険でやるのであれば治療日ごとに本人が委任欄を署名するもの。そうすると来院日数分の保険請求書を提出することになるから、支払者である保険者の事務をも考慮して現行スタンスになったもの。月に1枚の申請書で請求できる内容はある程度特定されるようになっていることから、何でもかんでもお任せするという意味での「白紙委任」とは異なるのである。だからこそ運用上の幅をも許している。
また、「接骨院の安いマッサージが視覚障害者のマッサージ業を圧迫している旨」も発言も誤りである。視覚障害者のマッサージ業が保険が使いづらいのは医師がマッサージ師の保険請求にかかる「医師の同意書」の交付を出し渋るからと、無資格者マッサージがはびこり行政が見て見ぬ振りをして取り締まりを行わない野放し状態にあるからだ。柔道整復師の保険は戦前からの長い歴史の積み上げでできているものである。
また、柔道整復師の施術は、報道で出ていた「柔道での負傷の応急措置」ではなく、奈良時代遡るほどの歴史を有するものであって、医科の代替機能を有しているのは明らかだ。
柔道整復師の諸君は黙っていないで反論しようではないか。
by ueda-takayuki | 2007-06-29 13:54

朝日放送ムーブ!の疑問放送について多数の疑義あり

朝日放送ムーブ!の疑問にて接骨院バッシングが始まった感があることについて昨日も書いたところ。受領委任払いは患者の柔道整復施術を受けるにあたって、あくまで患者保護の見地から認められたもの。保険でやるかやらないかの判断は、医科の受診でも明らかなように月初めに保険資格の確認を行うもの。柔道整復のみ施術後確認で本人署名をさせるとなると、月の最終治療日が特定できないことから、本人サインを頂けずに保険請求できない事例が発生する。この点をどうすれば良いのか?
視覚障害の方でマッサージを行っている者の本当の敵は柔道整復師ではなく、無資格のマッサージ関連業者である。行政も保険者も無資格者について何ら問題意識を持たずに放置しておいて、何故柔道整復師だけを目の敵にするのか?
柔道整復師の不正請求は行政の指導監査や保険取扱いの中止措置など権限があるし、保険者も支給に当たって調査することができることとなっている。そちらの方に対しては何も攻めないのが不思議だ。
柔道整復師は応急措置のみ行うのではなく、ひろく軟部組織の損傷を含め、国民医療として認知されている。骨折脱臼においても医師の同意があれば継続して治療することができる。打撲捻挫肉離れを含む挫傷は医師の同意なくして柔道整復師の判断で施術ができるのである。カラ請求問題は領収書の交付の徹底で解決することだ。
また、負傷名にあたっても、患者が肩こりだといっても、それが本当に肩こりなのかどうか?
番組を見て「これはおかしい。ふざけている。」と思った方は、黙っていないでクレームなり意見を申し述べないと報道内容を認めたことと看做されないか心配だ。
また、公益法人である日本柔道整復師会はじめ、施術者の団体も公開質問状を送付するなどして闘う姿勢を見せなければならないと思うが如何か?
by ueda-takayuki | 2007-06-28 10:40

朝日放送ムーブでの接骨院攻撃について

6月19日に続き、昨日(6月26日)も朝日放送ムーブという番組内で柔道整復師・整骨接骨院を取り上げていた。平成11年には東京新聞、平成14年~平成15年には毎日新聞がキャンペーンを張って取り扱われたことがまだ記憶に新しいが、今般の報道もこれらと同様に思える。特段真新しい論調ではない。単に興味本位の柔道整復バッシングであれば反論して行かなければならない。黙っていると報道の内容すべてを認めたこととみなされる。受領委任払いの制度的な不備であるならばその点を是正させた上で、私たちの主張を述べなければならない。本当に不正請求をもっぱら行っている者が罰せられるのは当然であり、不正をはたらく者がこの業界にいることは許せない。ペナルティーをもって業界から出ていってもらいたい。しかしながら、一部の接骨院の事例を出して、柔道整復全員がすべからく不正を行っているかのような報道の仕方に見える部分があれば、我々も声を大きく出して修正を求めていく必要があるだろう。柔道整復業界は「嵐の過ぎ去るまでただじっとして待つ」という従来の対応策では、マスコミも許してくれない状況にある。私には保険請求の制度上の不備に起因している事項が沢山あるように思うが、それを変えることは実は簡単ではないのです。ただ、現状の保険の協定契約では行政は指導も監査もできるし、保険者は調査することもできる。このことに一切触れずに単に柔道整復師のみにすべての責任を求めるのはいかがなものか。みんなで議論して患者にとっても有益な保険制度に改善していくことが重要ですね。
そのためにも上田たかゆきは知恵を出します。
by ueda-takayuki | 2007-06-27 11:29

私の話を聞いて欲しい

昨日は医療機器・医療関係用品をお取り扱っている関係業界の方々にお話させていただいた。私を応援してくれるとのこと。有難く心強く思う。何もしないでいると来年10月から柔道整復療養費の保険がなくなってしまうことや、保険免責制が療養費に導入されると整骨院が全滅してしまうこと、さらには混合診療の解禁が開業鍼灸院を抹殺してしまうことなどの恐ろしい将来を説明しました。これらの打開策には国会議員を国政に送り出してガンガン圧力をかけて私たちの業界を守ること、それが医療機器メーカー・医療商品業にも当然求められていること、そのために上田たかゆきが立ち上がる覚悟を決めたことをご説明したところです。
柔道整復・鍼灸・あん摩マッサージ業界の一部には上田たかゆきを積極的に応援してくれる団体個人治療家もおられますが、それは極極一部分です。大半の業界人は上田たかゆきのことなど知らないし、政治にも興味が無い。実際に保険を取り上げられてしまって末期的な「食えない」状況にまで追い込まれないと気づかない柔道整復業界。鍼灸師の3分の2は保険に興味を持たれない実態があります。国民医療として、柔道整復・鍼灸・医療マッサージを幅広く進め、東洋手技医療を患者のために提供していく。国民の健康に全力で取り組んでいる私です。
私の話を一人でも多くの治療家に聞いてもらいたい。
ミニ集会や地方講演等、呼んで頂ければ日本全国参上いたします。
by ueda-takayuki | 2007-06-26 10:18

保険支払拒否の保険者が続発だ

鍼灸マッサージの保険は柔道整復と違い協定契約がないので、今まで温情や御好意で治療家に支払われてきたが、日本マクドナルド健保、石川播磨重工業健保、愛知県信用金庫健保をはじめ、原則論である患者への償還払いにこだわり、鍼灸マッサージ師への保険支払を拒否する保険者が続発だ。これからさらにこの動きは加速するだろう。来年の4月スタートの75歳以上の後期高齢者医療では、償還払いの激増だろうし、国民健康保険の被保険者でなくなることから市町村の施設費払いも無くなるだろう。鍼灸マッサージの諸君はこのまま保険がなくなって行くのにただ指をくわえていて良いのか?いまこそ鍼灸マッサージ師の受領委任払いの構築をはじめとする保険請求の支払システムをつくらなければ皆死んでしまうぞ。
また、柔道整復師の事の重大さに気づいてくれよ。来年の10月1日には社会保険庁解体により、現在の協定・契約の当事者である「地方社会保険事務局長が存在しなくなり、今の協定は効力消滅ですよ。このままでは保険請求が来年秋からできなくなるのですよ。早く新しい協定契約を国から勝ち取らなくてはならないのに。誰もなにもやろうとしていない。お人よしですね。いまこそ、柔道整復業界を守るための保険契約をきちんと構築すべき時です。上田孝之の能力を活用してみてください。
今日はこれから業界の治療院あてに医療用品・医療器具を販売している業者さん向けに講演を行います。業界の関係者には幅広く上田たかゆきに対するご支援・ご協力をお願いしています。今の業界の救世主となりえるだけの根性を入れて上田孝之は毎日頑張っています。
全国を飛び回っています。
by ueda-takayuki | 2007-06-25 17:50

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る