京滋福支部会と九州沖縄支部会に出席して思ったことは療養費で食べていくのは大変だということだ


京滋福支部会と九州・沖縄支部会に出席して会員からの相談をいくつか受けた。やはり療養費だけでは苦しいので自費取扱いの話が多かったのが印象的だった。当日に講師で話をしてくれた整形外科医も、慢性疼痛患者が今後激増する中でそのすべてを医師が担うのは困難であって、皆さんの出番であるとのお話もあり、今後は自費メニューとしての運動器疾患の中での慢性疼痛の患者を理学療法士、正規のマッサージ師、無資格マッサージ師との競合の中でどのように獲得できるかがポイントとなるのが明快になったところである。柔道整復師の養成施設である大学及び専門学校のカリキュラムに超音波画像検査装置に係る授業を取り入れてもらい、柔道整復師にエコー検査をお認めいただきたい。また私もそのように取組んでいく。慢性疼痛は療養費の支給対象外であるが、柔道整復師が対応するのがよろしい。運動器の慢性疼痛の患者は今後爆発的に増加するのである。


by ueda-takayuki | 2018-11-28 11:23

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る