これからは慢性疼痛それも運動器限定の慢性疼痛対応が柔整師のメインの仕事であり収入源

将来にわたって運動器に限局した疼痛疾患の患者対応が激増するが、
その対応は柔整師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ師、
無資格マッサージがその任にあたるが、柔整師は運動器にあらわれ
ている慢性的な疼痛に対する施術の患者をいち早く手がけるための
対策が望まれる。療養費と自費メニューは車の両輪である。


by ueda-takayuki | 2018-11-27 14:49

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る