広島県市町村職員共済組合と外部委託点検業者オークスに対し毅然と抗議する患者さんに勇気をもらった


広島県市町村職員共済組合の組合員に対する患者照会の書面と回答書の書式、併せてこの患者さんが文書として保存している広島県市町村職員共済組合やその点検業者オークスとのやり取りの関係書類をご送付いただいた。これによれば、外部委託点検業者のオークス社が

  1. 急性・亜急性を理解していないことから説明できないこと

  2. 整骨院に問い合わせて回答されるのは困ること

  3. 厚生省(当時)の内翰文書を読んでいないこと

    が明らかとなる内容であった。

     また、広島県市町村職員共済組合は回答書での受療内容の照会は整骨院受診の抑制を目的としたものではないことを主張していることが分かる。

     これに対して患者さんは私のブログを参考にして、

  1. 療養費の対象負傷として挫傷が欠落している事実

  2. 行政の文書によれば柔道整復師に問い合わせても差し支えないと書いてあること

  3. 照会書を送りつけられたことが契機となってその後の整骨院受診を控えていることから結果としては受診抑制になっていることが明らかであること

    について共済組合・点検業者を理路整然と抗議して相手から“お詫び”のコメントも引き出して謝罪させている。この患者さんの勇気に私は大いに励まされた。

     常日頃から保険者には嫌われ、行政や審査会からは完全に無視され、さらには同業者であるあはき業界関係者・柔道整復業界関係者からもよく思われていないのは重々承知している。自分のやっていることに正当性があるのかどうか悩むことも多いし、この仕事自体に意味を見出せないことが多いなか、今回の患者さんから「上田様のブログ内で指摘されているとおり」と、私のブログでの記述を保険者や委託業者への抗議の論調に使っていただけたことをご連絡いただきありがたく思う。今回の患者さんからの情報提供は私にとっては大きな励みとなった。私がいろいろ誹謗中傷され、そろそろブログも止めようと考えていたので、今後とも仕事をしていける気力と勇気をいただいた思いでいっぱいである。感謝申し上げる。ブログを積極的にアップしても療養費に関する著書を11冊も世に送り出しても何らも評価されないことに落ち込むことも多かったが、このように実際に私を評価してくれる方がいたことを嬉しく思う。特に、柔道整復師の治療を受けたいと望んでいる患者さんのお役に立てれば幸いである


by ueda-takayuki | 2018-09-05 10:10

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る