自賠責の取扱いが厳しすぎてこのままでは絶滅に追い込まれる

自動車損害賠償責任保険、略称自賠責保険による鍼灸治療が通りづらくなってきている。本当に損保会社の対応が厳しくなっている実態がある。交通事故により、例えばむち打ち症、腰痛症、背中の痛み、頸椎症などのため治療を要する場合、鍼灸治療は当然のことながら自賠責保険の対象になるのだが、損保会社はなぜか柔道整復師の整骨院には理解を示すも、鍼灸治療の交通事故対応をことさら認めたがらない。いま、今となっては柔整の整骨院でもめっきり厳しさを増している。柔整も絶滅の勢いである。

損保会社が鍼灸治療を受けさせずに、整形外科への患者誘導を露骨に求めている。鍼灸マッサージ師からみれば、「柔整との差別的運用は許されない」というところ。だから、あはきも柔整もいっしょくたに厳しくしているのかな。

損保会社から「医者の文書(指示書)、医師の所見書」をもらってきてくれ、「整形外科に代えてくれ」と患者さんが損保会社から言われると鍼灸治療を開始しづらい。鍼灸師も治療しづらい。また、保険会社毎に「目安料金」を設定しており、これらは概ね「労災基準額」となっている。このことから保険会社の目安料金すなわち労災基準額での料金算出となり、自由料金などとっくの前に形骸化している。

そもそも鍼灸治療を受けさせたくない理由は、鍼灸治療のイメージが慢性疾患を連想させることから治療が長期化することを想像してしまうからだ。120万円を超えて任意保険の範疇になれば、その分、損保会社の金の持ち出しになるので厳しい対応をされてしまう。鍼灸治療を受けることについて損保会社から否定され「鍼灸は支払われない」今の取組みは、患者さんが治療を自由に選択できる「医療を受ける権利」を著しく阻害するものだ。しかし、このことを指導官庁である国土交通省や金融庁に申し出ても何も対応してくれない。

損保会社は言葉巧みに医科の整形外科の治療を受けるよう患者誘導する。例えば「整形なら慰謝料が日額8,400円も出ますよ。鍼灸は半分の日額4,200円だから、あなた損ですよ!」ってな具合にだ。鍼灸日額の治療費は5,000円程度が多いことから、ちょっと長期化すればすぐに120万円を超えてしまう。損保会社はどうしても120万円以内に押さえ込みたいから、いろいろ難癖をつけてくるのである。むしろ120万円を超えて任意保険の対象になれば、逆にあまりうるさく言わないところもあるようだが、基本的に損保会社が強制保険の枠を超えることを嫌がっているのが分かるというものだね。

先ほども触れたが実は、最近は整骨院での柔道整復師の治療に対しても支払いを断る損保会社が激増している。柔整も交通事故ではボロボロなのである。柔整師の自賠責取扱いは今後とも激減していく。交通事故の不正請求に加担する柔整師がたくさん逮捕・起訴され有罪となっていることから損保会社としては柔整師をことさら問題視する風潮があり、整骨院でさえ交通事故を扱うことが厳しい実態におかれているのである。このような環境下で鍼灸の交通事故患者を自賠責で診て差し上げることは大変である。誠に残念ながら鍼灸師の自賠責保険がこのような状況に追い込まれてしまった原因の一つに不正を行う柔道整復師の存在は否定できない事実であると、あはき師の友人たちから責められてしまう。


by ueda-takayuki | 2018-07-30 16:10

上田たかゆきオフィシャルブログ


by ueda-takayuki
プロフィールを見る
更新通知を受け取る